素人マカロンチャレンジ7回目(練習用に代用の材料を試す)

おはようございます。
今日はちょっと番外編です。

マカロンて、アーモンドプードルのみならず
実は粉砂糖が高価なんですよね。
1kgで1,000円ぐらいします。普通のグラニュー糖なら200円ぐらいでしょうか。
5倍の値段と思うと、どれほど高価かわかりますよね。
ミルサーがあれば自作もある程度できるようですが。

というわけで・・・

マカロンの材料を置き換えたマカロンもどきを作りたい

じゃーん。

「そんなもんマカロンやあらへん!別の菓子や!」
なんておディスを頂戴しそうではございますが、まったく持ってその通りです

ただ、今回の目標はマカロンの材料を安価な物に置き換えることで
マカロンに重要な工程、メレンゲ作り、マカロナージュ、絞り、焼きなどの
練習用にならないかと、私は考えていたわけです。

安い材料で、練習ができるのであれば、同じ金額でたくさんのチャンスを生めるわけです。

材料

☆数字は比率です

  • 卵白1
  • 米粉1.2
  • 普通のグラニュー糖2
  • ココアパウダー0.1

はい!こんだけです!

砂糖は以前より減っています。以前は卵白に対して2+メレンゲ用0.3だったので。

素人理論:なぜこれでいけると思ったのか

要点はひとつだけ。メレンゲ。とにかくメレンゲ。
今回からフランスメレンゲでもイタリアンメレンゲでもなく
「スイスメレンゲ」を使います。

スイスメレンゲでマカロンを作ってる人はあまり聞きませんが
湯せんにかけるメレンゲなので、粉砂糖を使わずとも
メレンゲ作成中に自然と砂糖が溶ける!
つまり、最も安価なグラニュー糖でも、粒をのこさず作ることができます。
粉砂糖不要というわけですね。

しかもこのメレンゲの作り方なら、卵白に対して砂糖が2~3倍平気で溶けるようです。
しかもメレンゲを立てる前から全部いれちゃってOK。

ただ、スイスメレンゲってどういうのが正しい作り方なのかいまいちわかりません。
とりあえず湯せんで人肌よりちょい熱い程度まで暖めながらかき混ぜて
砂糖のざらざらがなくなった時点で湯せんからおろすという方法でやってみました。

それから米粉を使うのは僕がグルテンを摂取しないためですが、
米粉は振るいにかけなくて大丈夫というメリットがあります。
非常に細かい粉なので、大丈夫なのです。
楽ですね。
一方で小麦で代用したと思うと、それより少し原価が上がる計算になります。

実際に作ってみた問題点

当然ではありますが、粉が違うので生地がまるで違うものになりました。

メレンゲと粉の混ざり方も良く、非常にツヤがでて美しいのですが
かなりマカロナージュしたのにもかかわらず、生地に粘りがあって固すぎる状態でした。

というわけで、たった1回の実験なので言い切るのは早いかもしれませんが
マカロナージュの練習にはなりそうもないと感じました。

ただ、写真をご覧ください。
絞った跡が消えなくて、それがなんかかわいい。

かわいいは正義

乾燥

何気に乾燥はほとんど普通のマカロンと同じイメージでした。
触った固さも、乾燥時間もだいたい同じです。

これに対しては特に言うことはありません。

焼き

イメージ的にはこれもマカロンとあまり大差がないです。

今回は170度で2分、140度で20分の2段階焼き。
前回の失敗を踏まえて
余熱完了から10分ほど置いてオーブンを安定させました。

焼いた結果は・・・

下からピエじゃない何かがでてきました!!!

宇宙人みたい。

それから、乾燥はかなり固めまでしましたが、どうやら割れやすいようですね。
オーブンの温度の可能性もありますが、このへんも踏まえ
生地の性質が大きく変わってしまったように見えます。

まったくもって別のお菓子になりました。

味など

実はこれ、すごくおいしいです。

マカロンとはまったく違う所謂メレンゲ菓子ってやつですね。
少なくと素人が作る失敗マカロンよりこっちのほうがずっとおいしいです。

サクっとしててフワっとしてて、口の中ですぐとけていきます。
めちゃくちゃおいしいです。

軽すぎてスーパーで150円ぐらいでうってそうです。
まあ材料も100円かかってなさそうですし。

まとめ

たとえ味や食感が変わったとしても、練習さえ出来ればよいと考えたとしても
米粉で代用することはやめたほうがいい。ほとんど別物です。

小麦粉だとまた変わってくると思うのでわかりません。

ただ、スイスメレンゲの可能性は十分ありです。
粉砂糖が節約になりますし、スイスメレンゲというちょっと特殊なメレンゲの練習にもなりますね。

次回は粉をアーモンドプードルに戻して再挑戦します。

おまけ:実は大豆粉でもやっていた

実はこのあと大豆粉でもやったのですが、さらに別物になりました。
パサパサしてるせいか大豆粉はメレンゲとほとんど混ざりません。
つなぎに牛乳が必要でした。そして膨らみませんでした。

やはりアーモンドパウダーでやるのが正しい方法かなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加