素人マカロンチャレンジ5回目(進歩あり)

配合はいつもと同じ
(比率)卵白1:アーモンドパウダー1.2:粉砂糖2:メレンゲ用グラニュー糖0.3
これに乾燥卵白1g。卵白は正確に軽量して使用します。

フランスメレンゲを使用します
今日の卵白は20gでした。

本日は別のお菓子にカスタードクリームを作ったので、ちょうど良い具合に卵白があまりました。

サスガに何も味をつけてないのに飽きてきたので、卵白に対して約10%のココアパウダーを入れました。

しかも20gという極少量でやってみることにします。
さすがにメレンゲを作るのが辛い。

マカロナージュ

いつもどおりマカロナージュは出来るだけ控えめにやったつもりなんですが、
さすがに0.1とはいえココアが入ったため粉っぽい。硬い。

絞ったときにツノが消えない固さでやめてしまいました。

これはひどい。

いくらなんでも、気を抜きすぎでした。
絞りもひどい。うんこになってしまいました。

焼いてみないとわからないですが、この色は黒ゴマ味噌ですね。

ただ、やはり少量だとメレンゲ、絞り袋など、微調整がむずかしい。
最低ロットは卵1個分(35gぐらい)でやるのがやっぱりよさそうですね。

乾燥

これも完全にミスをしました。

いつも乾燥に4時間はかかるので、どうしたものかとエアコンのかかってる部屋においてたのが間違い。

なんと1時間20分経過したところで初めて触ったのですが
マカロンの皮を感じるほど固まってました。

表面のベタつきが一切なく、乾燥しかけの木工ボンドのようです。
かろうじて押すとへこむのでそのまま焼くことに。

4時間もかかるものが1時間弱で乾燥するほど部屋の条件が左右されるようです。

ふと気づいたのですが、毎回マカロンを絞ってから食器洗い乾燥機をかけており
そこからもくもくと水蒸気が立っています。
もしかしたらこれが乾燥しなかった原因だったのかもしれません。

焼き

今回はちょっとつまらないミスとなってしまいましたが、焼きは前回より変更して

・余熱160度、焼き130度

・余熱160度のまま1分焼いてから130度へ変更

・新聞を8枚から4枚へ変更

・20分を18分に変更(新聞を減らしたことにより下火が上がっており、少しマイナス)

小さい変更をいくつか加えました。
失敗しないように1回だけマカロンたった1枚のためだけに焼いてみたところ、うまくいったので同じ条件ですべて焼いてみました。

この先はほぼこれで固定でいこうかなと思っています。

結果

表面はいいですね。1個が小さいせいかもしれませんが以前より明らかに高さもでています。

焼きまでの工程は、今日始めてマカロン作りましたといってもおかしくないぐらいひどい失敗ですが、オーブンの焼きが適正なだけでここまでしっかり焼けます

しかもこの焼き時間と新聞の量なら裏面もしっかりやけており、シールの台紙から剥がすような感覚でぺろりとマカロンがはずれました。

ピエが小さいのは乾燥させすぎでしょうか?
大きく膨らんでいるのはココアパウダーをまぜたのがふくらみに影響してる可能性もありますね。

食べてみた感じ

乾燥させすぎなせいか、やはり空洞はありますが明らかに以前より中がふっくら膨らんでいます。まだ完璧ではないのでキャラメルのような食感の部分はありますが、以前よりもよくなっています。

今回の収穫

・エアコンのある部屋では乾燥時間が大幅に短縮となるので注意(5時間近くかかっていたものが1時間弱でカリカリに)

・食器洗い機等、水蒸気が出る物がある部屋で乾燥させるのはNG(乾燥時間が4倍以上になる可能性)

・焼きの温度設定に関してはかなりゴールに近いところまで来ている。

・最低でも卵白30gぐらいからにしたい(少なすぎると作りにくい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加