寿がきや袋めん「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」レビュー

良い音楽は、よい精神状態から。
美味しい物を食べることによって良い曲が作れます。

今日は寿がきやさんから発売されている「台湾まぜそば」作ってみたのでレビューします。

注目すべき点はなんと名古屋で名店の「麺屋はなび」さんとのコラボ商品。
私は岐阜県民ですが、麺屋はなびさんはとくに有名で美味しいらーめんの話になると良く耳にします。

まず岐阜県・愛知県民でなければ寿がきやを知らない方々
多数いるかと存じますので初めに説明いたしますと
おググり下さるようお願い申し上げます。

こちらの地方の人間なら知らない人はまずいないといってよいでしょう。

パッケージと値段

IMG_0004

すみません。値段をわすれました。スーパーで280円税抜き程度だったと思います。
袋めん殆ど食べませんが一般的な価格のようですね。

裏面に作り方が書いてあります

IMG_0005

内容物

こちらで全てです

IMG_0002_1

少ない気がしますが、これだけです。

実際に作ってみました

作るのは簡単です。麺をゆでて、同時に温めておいたレトルトをかけるだけ。

本家で有名なのは茹でた麺をザルにこすり付けて傷をつけるという点
味が絡みやすくなるそうです。
一応やっておきました。

そのほか具材は生ものでもあるので自分で用意します。
これがちょっと大変。

IMG_0001_3

器は近所で有名なラーメン屋さんの物を使いました。
オープン記念品なのでけっこうレアだと思います。
そのラーメン屋さんもすごく美味しいので是非。

あとすみません。海苔をかってませんでした。
買ってたとしても、海苔を刻むのって結構大変じゃないですかね?
なぜか納豆入れました。

「卵黄」を入れるのですが「卵白」が余ってしまうので
ウェイパーを使って麺の茹で汁+卵白のスープにしてみました。

ココで実際にはなびで食べたときの本物の写真がありましたので比較してみてください。

191339

ラーメン好きの友人が一瞬で気づきました。

「魚粉が入ってないのでは?」

確かに。作り方説明の具材にも書いてない。
鰹節でもいれておけば代用できますでしょうか?
そもそもお店に置いてある「魚粉」ってなんなのでしょうね。

おおっ、美味しいです。
レトルトになって薄味になっちゃったとかそういうのはありません。
しっかり味がする。

映像を見てもわかりますが、本物と比べると肉感は薄くなってますね。
肉をかみしめているという食感は残念ながら少なかったです。

あと気になったのは辛さが大分おさえられています。
本家の味は辛いもの好きなら普通かもしれませんが、僕には少し辛すぎるぐらいだったので
こちらはむしろ小さい子供でも食べやすくなっているようにも感じます。

納豆の謎

なぜ納豆を入れたのかという謎にせまります。
わかりません。
とりあえず、納豆の部分を混ぜないで食べたのが上の感想です。

魚粉が合うように、納豆自体も和風だしなので味は実はけっこうマッチします。
というか普通に美味しい。
食べた感じもヌルっとしてネバネバ好きにはたまらない。

しかし、納豆の味は残ります。
本物を食べたことなくて、袋めんが初めてなら味が変わるので納豆はやめておきましょう。

総評

85/100点

味がとにかくおいしかった。本家と違えど味に関しては文句なし。
辛さが抑えられている点は人によって分かれるかもしれませんが好評化。

量の少なさは、どの袋麺も一緒なので普通ですかね。
残った肉みそに追い飯を用意すればお腹いっぱいになる点では
普通のラーメン買うよりいいかも。

細かいところで気になってしまうのは、具材を用意するのが意外に大変。
せめて刻み海苔ぐらいは入れてもらってもイイかなと思いました。

そもそも袋めんは色々面倒という点で初めから厳しめの評価にしてあります。
どの商品を選んでも90点を超えることはないかなと言うのが個人的な感想です。

自分で他を用意しないといけないという点で85点評価で低めに見えるかもしれませんが
珍しい商品なので手に入る人は是非一度は食べてみてほしいかなと思います。

レン君から一言頂戴致します

IMG_0002_2

「美味い物を食えば、いい曲が出来るということはないぞ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加