謎の赤三角形!?CUBASE 8.5の新機能「パンチイン・アウト」

つい最近CUBASEの左右ロケーターの近く
いきなり謎の赤い三角形が現れて困った事になりました。

1451377127860

こちらですね。
左右ロケーターは使わない方は殆どいないと思うのでわかると思いますが
その上からなにやら赤い三角形と帯が。

実はこれCUBASE 8.5から導入されたパンチインアウトの新機能(後述)なのですが
とりあえず早いうちから知っておかないと困ったことになります。

※パンチイン・アウト自体は以前からある機能です。仕様が変更になりました。

なぜ困った

勝手に録音が開始される

しかも、録音モードで再生せずとも自動でこの部分が録音モードになります。
パンチインアウトなので当然ですが。

この三角形が邪魔でロケーター設定が困難になる

これは使わない人はいいんですが、ルーラーにカーソルを合わせ
CTRLを押しながらクリックで左ロケータを
逆にALTを押しながらクリックすることで右ロケータを設定するショートカットが
デフォルトで入っていますが、パンチインアウトを表示させると
クリック部分の下部半分が、この三角形が反応してしまって非常にクリックしにくくなります。

そうでなくともマウス操作でロケータを設定するのが狭くて面倒になります。

謎の赤三角形、消し方が分からない

これですよね。
新たに追加された機能が、以前の機能を一部邪魔しているといってもいい。

パンチインアウトロケータの表示/非表示方法

トランスポートパネル

トランスポートパネル(パンチインアウト)

これです。
上を押すとパンチイン、下がパンチアウト。

※英語版Cubaseを使用しています

覚えてしまえば便利です

先ほども申しました通り、
録音モードにいれなくともパンチインアウトが設定されてるところだけ録音されていきます。
厳密には赤い帯になってる箇所が録音対象ですね。

CUBASE5から入っている「マルチテイクコンピング機能」も相まって
ループさせて特定箇所だけ何度も録音するという手法は非常に便利ですね。

とりあえず知っていなければ逆に邪魔になるという機能ですが
WAVの録音はもちろんの事、MIDIレコーディングでも使えますので
折角なので使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加